ごあいさつ

大木大介

「お客様の幸せ」「社員の幸せ」「地域社会の幸せ」を目指し、
企業の成長に全力を尽くします。

 弊社は、2020年5月に創業50周年を迎える事ができました。これもひとえに、保険のご契約をいただいているお客様、いつも支えて下さっているビジネスパートナーの皆様、そして毎日一生懸命頑張ってくれている社員の皆さんのお陰です。いつも本当にありがとうございます。
 有限会社ビッグ・ワンは、1970年5月に前社長である私の母、大木祥子が東京海上の専属代理店として「おおき保険事務所」の名前でスタート致しました。最初は自宅の一室で細々とやっている個人代理店でしたが、徐々に一緒に頑張ってくれる仲間が増え、長崎市出島町に最初の事務所を構え、その後興善町、籠町と移転し、現在は全社員20名の会社になる事ができました。
 弊社の「ビッグ・ワン」という社名ですが、よく、「大きくてナンバーワン」の会社を目指しているという誤解を受ける事があります。実はそうではなく、「ビッグ・ワン」の「ビッグ」は苗字の「大木」から、「ワン」は「オンリーワン」から取っています。つまり、「おおき保険事務所」は他と比べてNO.1というレベルではなく、たった一つしかない「オンリーワン」の存在を目指していこう!という決意表明です。我々は決して業績や売上でナンバーワンになりたいと思って仕事をしている訳ではありません。お客様にとっても、ビジネスパートナーの皆様にとっても、社員の皆さんにとっても「特別」な存在でありたい。いつでも困った時には支えとなる「オンリーワン」の存在でありたい。弊社にしかできないサービスや、弊社が創っていく暖かで幸せな雰囲気を地域にも広げていきたい。そんな想いで日々の業務と向き合っております。
 これからも弊社は、関わった人全てが幸せになれるように、オンリーワンのサービスを全力で追求して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。大木敬介